慶應の天才のたこやき

何を隠そう、僕は天才たこやきである。

FXで見えた可能性

どうもたこです。

今回は、3月12日からXMにて99万スタートでトレードをしました。

約10日間で増えた金額は172万。そして、昨日ほぼすべてふっ飛ばして101マンになってしまった。

落ち込んでる場合じゃない。そしてFX自体では損はしてない。

それなら今回のことを深く反省し、同じ過ちを繰り返さないことだ。

今回の問題点としてあげられるのは

1、エントリーするべきではない場所で調子に乗ってエントリーした。

2、資金を一つの口座に入れっぱなしにしていた。

この二つだけだ。

難しく考える必要はない。

相場観はあってたにもかかわらずロスカットを食らったのは上記の二点を改善すること

で解決できたはずだ。

ただ、元金を割ってない分ましだ。

50パーセントの利益が乗ったら他の口座に半分移す。もしくは引き出す。

ロットを上げすぎるとかの問題もあるが、それは1を改善すればよい話。

だってロットはあげなきゃいけないところもあるから。

それがFXだ。

それで今回可能性として見えたことが、ドル円に限らず、先物、その他金融商品は、学

べば学ぶほど上達し、他のどんな投資よりもでかいリターンが狙えるということ。

それも小資本でだ。

今回は99万が272万になったわけだ。それも10日で。

ということは、今回のトレードで、100万あれば十分だということに気が付いたわけだ。

また何らかの形で毎月ないし定期的に収入があれればいつでも参入できるし、負けても

残高を補填できる。

定期収入が月100マンあれば、ほぼ確実にいつか富豪まで行ける。

だから逆に考えたら、ビジネスから投資という、まさに金持ち父さんの教えを実行しな

ければいけないということになる。そのためには何か始めるしかない。今すぐ。

それも、労働時間を減らして単価を上げるような商売をしなくては、最終的にトレード

の時間が取れないから、ただ今までみたいにじゃじゃ馬のように働くだけじゃだめだ。

ポイントは、

・時給を最大に上げて労働時間を減らす

・定期収入にシフトさせる

この2点。つまり、一回こっきりでしか通用しない小遣い稼ぎを無限ループするような

やり方はだめだということ。

まあとりあえず続きは次回にしよう。

そんな風に思ったこの10日間だった。

破産したから東大行く!

はい。

またやりました。

とりあえずそれは動画で話してるので割愛。

[youtu.be

まずは地理から攻める。

なんでかって?

小中高と行ってない俺にとって、社会科というものがまじのアレルギーで、他の科目を

やるうえで必ず足かせになるから!しかも、小論文なら政経で乗り切れるが、古文、漢

文、英語の論述、もちろん小論文やレポートでも一般常識や前提知識が不足してるぶん

必ず不利になってくるからまず地理をやって同時に歴史を学ぶ。

それを先にやることによって新聞や情報処理が早くなり、勉強と並行して情報収集と投

資やビジネスのアイデアをストックしていき、経済的にも追い込まれないように勉強し

ていけるはずだから。

つまり、仕事という面に関しても、作業や労働で稼ぐわけではなく、頭で稼いでいくた

め、英語や数学をひたすらやるよりも絶対に効率がいい。

目先の利益が出るかはわからんが、確実に自分の知識を使えるようにしていこうと思う。

というわけで、今後は地理、歴史の勉強をして、進展あれば報告しまーす!

たこでしたー( *´艸`)