読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應の天才のたこやき

何を隠そう、僕は天才たこやきである。

あほこそ株をやった方が良い理由

株デビューしてから10日ほど。

気づいたことや学んだことがたくさんあるのだが、その中でも、他の投資と比較して、

資金量の話をしていく。

 第一に言えるのが、投資をするときに圧倒的に減らさなければいけないのが資金を溶

かしてしまうリスクだ。第二に利益の確保。投資家が投資をするにあたって無意識で実

行しなくてはいけないことは、まず生き残って、それから増やすことを考えるというこ

と。そのために必要なことは、資金を危険にさらさないこと。100%安全な投資などな

いが考えられる最大の努力をしてリスクを回避することが最優先となる。それを相対的

に見てやりやすいのが株である。

 

 例えばFXの場合を考えてみよう。

20万円稼ぐために必要なことは以下(元金は100万とする)

1、100万ロング又はショートして20円動かなければならない。

2、レバレッジ10倍、つまり1000万での取引で、2円動かなければならない

3、レバレッジ100倍で0.2円動かなければならない。

 

他の事例は無視してこの三つの例を株の場合と比較すると以下

1、100円の株を100万円で1万株買って、20円の値上がりをする。

2、信用取引で、300万円分買い、約7円値上がりをする。

 

まとめるとこうだ。

FXで1日に20円の値動きはほぼないことを考えると、上の1と、下の1では圧倒的に下の

ほうが現実的である。株は平気で1日に20%ほど動く。よって100万円のリスクに対する

リターンは株のほうが上だといえる。

次に、上の2、3と下の2の比較をする。

一見上のFXのほうが簡単そうであるが、そうではない。リスクを考えてみると、2は1

0円下がった時点でロスカット(10円以下でもあり得る)、つまり破産。

 

3は、1円で破産。

 

 

一方、株の場合の下の2は、およそ30円ほど下がったところで資金がショートする

(実際は23円くらいで強制決済だが)。

株のほうが、もしも予想と逆の値動きをしてもホールドできる値幅が圧倒的に大きい。

これによって、同じ資金量で一つの取引において生き残る可能性は、FXより株のほうが

高いといえる。

 

 確かに1日の値動きを考えると、同じ金額にまったく同じリスクがあるというわけで

はないが、株には圧倒的な銘柄の量と、情報の量があることを考えると、どちらがより

リスクが高いかといえばFXだろう。FXにはない出来高が見れるのも株の利点だ。

 

おわりに

 

株でお金持ちになる!